07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
今日は会えない・・・・・
少し不安・・・そして、愚痴

病院が休診日なので、今日は愛するベックに会えません
たーちんは、昨日の面会から少しブルーで、何だか落ち着かない不安定な気持ちです
今回の再手術でベックの脚は絶対に治ると信じているのに、任せてくれと言ったはずの先生が、どこか不安そうで・・・・・。
本当は先生を信じてベックをお預けしたのだから、こんな事を思ったりする事はいけないのだけれど、昨日は、術後こんなにも不自由な体勢で治る事を信じて生活しているベックに対して、術後初めて出たがゆるく、掃除が大変だから、コロコロしたをしてくれれば良かったなぁなんて言われた。そんな事どうして言えるのでしょうか?
こんな体勢でしずらく我慢していた末にやっとしてくれてホッとしたのに、どうして掃除が大変だから・・・なんて言えるんだろう?
じゃあ、先生がこの体勢だったらできますか?って言ってやりたかった
また、ギブスについても、ベックが気にして触りだしたり脚を力をかけられないながらも少し着地しだして、緩んできている事に、こんなに緩く膝部分も固定した綿がずれてきたら、せっかく術後固定してある膝蓋骨がまたずれてしまうかもしれないねぇ~と言い不安を掻き立てられる。こんな獣医さんでよかったかなぁと心配と同時に怒りがあった。とりあえずは、手術も無事に終わったと信じた事と、小さい頃からおやつの丸呑みでチアノーゼを何度か起こして助けてもらった事を思い出して、今、ベックが入院中なので、全てをこらえ祈ることにしたけれど、抜糸後嬉しい知らせを聞くまでは、気持ちが落ち着かない事は事実です。
不思議に思ったのは、麻酔さえかければ包帯の手直しもきちんとできると言われた事。術後包帯を巻いているのですが、緩んでしまった時の手直しは、いちいち麻酔が必要なのかなぁ?
確かに、麻酔中と違い、される側は違和感や煩わしさを感じ変な動きをすると思いますが、その度に麻酔って何か納得がいかなくて・・・。
全ての獣医さんが同じ様な意見なら納得がいくかもしれないけど。
でも、包帯の巻き直しの度に麻酔なんてかけていたら、やり易いかもしれないけど、身体への負担は大きいと思うけど・・・違うかなぁ?
今回は、巻き直しでなく添え木の様なもので、これ以上脚が曲がらない様に固定してもらう事にしました。
そして、もう触れる事がない様、可哀想だけれど大きめのエリザベスに付け替える事にしました。(これは、ご飯が食べずらくなるのですが・・・。)
早く明日になってほしい。ベック大丈夫かなぁ?
ごめんね。苦痛な思いばかりで・・・・・。
もう少しの辛抱だからねとベックに自分の心に言い聞かせながら帰宅しました。
最後に、獣医さんというものは、飼い主さんから大切な家族(命)をお預かりしているのだから、預かったからには、飼い主さんやペットに不安を与えてはいけないと思います。治してあげる事ができなくて悩んで決心して獣医さんに託しているのだから、責任を持って心から気持ち良く取り組んでほしいしペットだけでなく飼い主さんへの心配り(言葉の使い方・態度)も安心もてるようにしてほしいと思いました。

今日は本当にすいません。私の心の叫びみたいな内容で・・・
スポンサーサイト
日常トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
<<チワ友 | ホーム | いたずら顔>>
たーちんさんの記事を読んで、ショックを受けましたv-292
獣医さんにとっては、数百人いるうちの一人の患者さんでも、私たち患者の家族は本当に先生にすがる気持ちで、勇気を出して手術を決断したのに、”また外れちゃうかもしれない”の一言は笑い事ではすみませんv-359
う○ちの件も、掃除のことよりも何よりもベック君の体のことを心配して欲しいものです。
ゆるかったらおなかの調子が悪いのかな?とか痛い足をかばって頑張ってしたんだね!の一言が聞けるだけで、ずっと離れ離れでいる家族の私たちは安心するんですよね・・・
それに、包帯を巻くたびに麻酔、これは絶対おかしいと思います。
まず、家のモモの場合は、包帯もエリザベスカラーもなく、傷口むき出しの状態でした。(何もないのはちょっぴり痛々しいですが・・・)
以前、点滴の針を足に入れっぱなしにするために、足に包帯を巻いていただきましたが、普通に巻いていただきました。
素人判断ですが、獣医さんなら包帯を巻くくらい診察台に乗せたらできるのではないかと思います・・・
モモは片足ずつ手術をしたので2回と避妊手術のとき、1回合わせて3回麻酔の経験がありますが、獣医さんは身体への負担を考えて、最初の右足の手術のときに両足手術した方が良いとすすめられたくらいでした。
ベック君が何日入院するか分かりませんが、ふつうは3~5日だそうです。
たーちんさんの不安になる気持ちも、怒りがこみ上げてくる気持ちも良く分かります。
ベック君とたーちんさんが信頼している先生のことを悪く言うわけではありませんが、セカンドオピニオンも考えてみるのも良いかも知れませんね。
とりあえず、無事退院するまで先生を信頼して、たーちんさんも頑張ってください!
1日も早く良くなって退院できることを心からお祈りしています。
【2007/02/08 15:09】URL | まっち #-[ 編集]
まっちさんへ★たーちんより
こんな記事を楽しいはずのブログに載せてしまい反省しています。でも、私にとっては神様の様な存在の先生に、大切なベックを託し、何か気分的に訳があったとしても、こんなにも態度や言葉で不安をかきたてられるとは思ってもいなかったので、ここに載せてしまいました。読んでいて不愉快になってしまった事をお詫びします。
セカンドオピニオンについては、以前から考えないでいた訳ではないのですが、今までもベックを救って頂いた事や、ベックが先生に慣れている事などを考えると、知らない場所で長期入院し不安になるベックを考えたくなくこちらの先生にお任せしました。一度、獣医に対して不安が沸くと今後の事も考えさせられるのは事実です。今日は、手術方法など適正だったか、また、包帯に関して麻酔は必要なのかなど、他の先生に問い合わせたりもしました。手術方法は妥当だと。麻酔に関しても確かに術後とは違い巻きにくい事がある為、場合によってはありえると返答でした。気持ち的には少し楽になりました。あと少しの辛抱なのでベックを信じ、先生も信じ元気に治って帰宅できる事を祈る事にしました。ありがとうございます。
【2007/02/08 19:28】URL | BECKママ #VtN9/w9s[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://beckman2007.blog88.fc2.com/tb.php/41-f6e9fd88
| ホーム |
プロフィール

たーちん

Author:たーちん
★妖精のプロフィール★
名前 :ベック(♂)
誕生日:2005/12/23
毛色 :レッド&ホワイト(ロング)
性格 :やんちゃで甘えん坊
体重 :2.8㎏
ベックという名前の由来・・・
BECKとは妖精から取った名前になります。
BECKという妖精は、あらゆる動物と心が通じる動物の妖精です。

★魔女っ仔のプロフィール★
名前:タバサ(♀)
誕生日:2008/06/05
毛色:レッド&ホワイト(ロング)
性格:お転婆で暴れん坊
体重:1.6kg
タバサという名前の由来・・・
TABITHAとは魔女から取った名前になります。
「奥様は魔女」に出てくる子供のタバサちゃんからもらいました。
たーちんは、妖精や魔女、魔法使いが大好きで、
ベックには妖精の名前を付けたので、次は絶対に魔女っ仔~
と決めていました。



★たーちんのプロフィール★
197★年4月19日生まれ
ベックとタバサを愛するママ(ちなみにパパはとーちん)
東京都内在中。
小さい頃から動物が大好きで、最初に暮らした犬は、ゴールデン・レトリーバー。
白血病で亡くしショックからなかなか立ち直れなかったけれど、
やっぱり犬が大好きで、とーちんの希望もあり、初めてのチワワを
迎えたワンコ大好き女でーす!!

カウントダウン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。